労働基準監督署の是正勧告とは その1
ホーム > 労働基準監督署の是正勧告とは その1

労働基準監督署の是正勧告とは その1

 

思わぬ是正勧告を受けることも

雇い入れ時に労働条件を明示していない。
■時間外労働・休日労働に関する協定届を監督署に提出していない。
■就業規則を作成していない。
■就業規則を届けていない。(変更した場合でも届出が必要です。)
■残業代の計算方法・支払いが適正でない。
■残業時間の管理が不適正である。


これらはほんの一部で基本的なことですが、労務管理上は重要な意味を持っております。
放置していると、労働基準監督署から思わぬ
是正勧告を受けるリスクがあります

 

臨検監督とは?

是正勧告の前に臨検についてご説明します。

臨検(臨検監督)とは
労働基準監督官が行う行政指導の1つで、労働基準法違反が無いか調査を行います。むろん事業場に立ち入ります。そして、違反が認められた場合には、その是正を勧告し、指導を行います。
臨検監督の種類には、定期監督・申告監督・災害時監督等があります。

定期監督:文字通り、定期的に行われるもの
申告監督:申告があった場合に行われるもの
災害時監督:労働災害が発生した場合に、指導及び原因調査の為に行われるもの



過去のブログはこちら