不当解雇の金銭解決
ホーム > 不当解雇の金銭解決

不当解雇の金銭解決

政府の規制改革会議は平成27年3月25日、裁判で不当解雇が認められた労働者に対して、職場復帰ではなく金銭補償で解決する「解決金制度」の導入を検討すべきだとの提言をまとめました。

6月をメドに政府が閣議決定する規制改革実施計画にこうした方針を反映します。

同様の制度はこれまで何度も政府内で検討されましたが、労働組合側の「解雇が容易になる」との反対が強く、実現しませんでした。

今回の提言では、「不当解雇であれば職場に復帰したい」という労働者もいることから、あくまで「労働者側からの申し立てのみ認めるべき」と限定しました。


解雇については就業規則に記載しなければならない事項になるため、どのような場合に解雇になるか列挙しておく必要があります。

できるだけ例を挙げ、最後に「その他やむを得ない事由が生じた場合」と記載しておきましょう。

就業規則作成運用サポート大阪



過去のブログはこちら