うつ病休職、職場復帰助成金
ホーム > うつ病休職、職場復帰助成金

うつ病休職、職場復帰助成金

最近、 就業規則作成運用サポート大阪には、従業員のメンタルヘルスや休職制度について、経営者、人事総務の担当者様からの相談が多く寄せられます。

「就業規則に休職制度や復職制度についてにどうのように規定すればいいのか?」

「就業規則に規定はしているが、休職制度をどのように運用すればいいのか?」

「メンタルヘルスについてどのような相談機関、相談窓口があるのか?」

などなど、実に様々なご相談があります。

 

就業規則作成運用サポート大阪は、交通の便の良い、大阪市中央区に事務所があり、ゆったりとしたミーティングスペースも確保しています。

お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

さて、うつ病や事故などによる障害で休職した人の職場復帰を支援するため、厚生労働省が4月から「障害者職場復帰支援助成金」(仮称)を新設することが3月18日、分かりました。

新たな助成金の対象となるのは、病気や事故などで障害者になったり、うつ病にかかったりして3か月以上休職した労働者が職場復帰するための仕事を用意するなど雇用継続の環境を整えた企業。

復職から6か月間雇用が続いた場合、復職者1人当たり35万円(大企業は25万円)を支給し、その6か月後にも同額が支給されます。



過去のブログはこちら